【jubeat analyser】 譜面動画作成方法メモ

最近動画を作らなくなったので、忘れないようにやり方書いておくだけの記事

概略

1.動画作成

1.cosmos_memoあたりで譜面情報をコピー、テキストファイルに貼り付け。
2.必要情報の記載。
3.タイミング調整。
4.動画部分の作成(普通、フラワー+シャッターの2回分)。複数曲ある場合はリネーム。
5.音声部分の録音。
6.Aviutlで動画と音声をくっつける。黒ベタやリサイズフィルタで960×720にする。

2.youtubeへのうp

1.サムネの作成。適当な譜面の静止画と、ジャケ絵と難易度とバージョンとイベントバナーを貼る。
2.jubeat wikiあたりのページを開いておく。
3.Youtubeにうp。この時、↑から難易度、ノート数、BPMを転記。
4.処理が完了したら動画を再生して変なミスがないかチェック。

▼ちなみに、私のYoutubeチャンネルです。最近はほとんどDDR譜面しか投稿してません。

補足など

1-2 譜面ファイルの編集

fumenity_1-2_cosmos

ヘッダー部分の情報を消して(コメントアウト)、jubeat analyser用の記載を入れる。

tはBPM。変化する場合は譜面の途中に挟む必要がある。
oはオフセット。譜面と音源のタイミング調整。
mは音源ファイル。
#memo2 は魔法の言葉。#memoや#memo1は使わない(けどたまに2を入れ忘れる。今回もそうだったな…)

1-3 タイミング調整

音源にハンクラが上手く乗るようにタイミング調整。

これはもう手動でいじって、ベストなタイミングを探すしかないです。
譜面ファイルとAnalyserを両方開き、oをいじりながら良い数値を探していく。

▼オフセットのバーである程度の見当はつけられる。500ms以上離れていたら、テキストファイルを修正して都度Ctrl+Rしてやりなおし
fumenity_1-3_analyser

1-4 動画作成

私はAnalyserを改造して、「フレーム出力」を押すだけでAvi動画が自動的に作れるようにしています。
ファイル名は固定(frame.avi)なので、複数曲を同時に作る場合は、次の動画を作る前にリネーム。

▼ちなみに現在のAnalyserフォルダ構成
fumenity_1-4_folder

フラワーとシャッターの2種を同時に作ることが多いので、シャッター専用のAnalyserも別途用意しています。

1-5 音声作成

以前は、ハンクラをAnalyserから出力して音源と合成していましたが、
今はめんどくさいのでAnalyserで再生しながら録音しています。

使ってるのはAudacity

1-6 音声合成、エンコ

動画と音声のタイミングを合わせる。

ここでテスト再生してみて、問題なければエンコードします。
わたしが使ってるコーデックはMP4 Lossless。

2-1 サムネ絵の作成

Youtube用。ちなみにニコニコ動画は今後うpする予定はありません。プレミアムも解除しちゃったし

fumenity_2-1_jak

譜面動画から適当なフレームを切り取ってくる(Aviutlにそんな機能があります)。
あとは楽曲ジャケットなどを挿入して終わり。
↑作業の簡略化のために、テンプレ作ってます

イベント楽曲やホールド譜面の場合は、それが分かるようにアイコンを追記することもあります。

2-1 youtubeへのうp

fumenity_2-2_up

音ゲー譜面用とそれ以外とでアカウントを分けているので、垢違いには注意してます(たまにやらかす)。

文章はあらかじめ作ってあるテンプレからコピペ。昔は攻略情報とかも書いてたなあ

2-4 Youtubeでの再生

一応再生してみて、変なことが起こっていないか確認します。
主に、タイトルと内容の食い違いの確認がメインですね。
fumenity_2-4_saisei

▼こうしてできた譜面動画の例。

おわり

Analyserのバージョンは長らく上げてません(再改造がめんどい)が、今は動画作成機能とかもあるかも?

作業時間は、だいたい1譜面あたり20~30分くらいでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする