【DDR】 家庭用DDRコントローラを改良して踏みやすくした話

ステイホーム、おうち時間などが言われ始めて久しいですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

おうち時間のひとつとして、ダンレボという選択肢もありますよね。

(2020年5月現在、ブラウザで遊べるDDR Vというのもあるので、いつか遊んでみようかな
DanceDanceRevolution V オープンアルファテスト | コナステ)

【追記】動画作って遊びました

▼私が所持しているDDRコントローラです。

…が、普通に売られているコントローラ(マット)はそのままだと踏みづらい

というわけで、このDDRマット、私なりに少し手を加えて踏みやすくしてみましたので、この記事でご紹介いたします。

※改造まではいかないので、再現はそう難しくないと思います。

これまでの試行錯誤(失敗作)を、また別の記事に上げて供養する予定です

▼供養しました
【DDR】 家庭用DDRコントローラ改良の試行錯誤

改良の概要について

▼構造はこんな感じ

1.DDRコントローラの裏側に、30cm四方(厳密には25cmくらい)のコルクボードを9つ貼り付ける

2.防音用や安定性のために、クッションパズルマットを敷く

▼コルクボードを9つ貼った図です。べたべたしています。

概要はこんな感じですが、厳密には少々違いがあるので、ここから詳しく見ていきます。

必要なもの

ハンズマンで揃えてきました。

▼コルクボード(30cm x 30cm)x1枚 筐体の中央に配置しますが、無くてもいいかも

▼コルクボード(25cm x 25cmくらい) x9枚 厚み1cmくらいで、ちょっと頑丈。

▼ビニールテープ(結構強そうなやつ)

▼クッションマット/パズルマット

その他、はさみ、滑り止めなど。

試行錯誤を繰り返したので、トータルで結構お金を使いました…たぶん1万円くらい使ったのでは

改良現場

▼まず、表面と見比べながら、各矢印の裏面にコルクボード4枚を貼り付け。

▼中央のみ、ちょっと大きめの正方形コルクボードを配置。
これをすることで、足でパネルの場所をキャッチできる…気がしたので。

▼そして、ボタンに合わせて9つのコルクを貼り付け。
テープでべったべたになってます。

※マット上部には、細長い木の板を敷いて、バランスを調整しています。
-(マイナス)ボタン、+(プラス)ボタンがちょっと押しにくかったので

▼そして、クッションマット。
何もないと結構滑るので、滑り止めを8か所に張り付けて、床に対して完全固定

▼完成図がこちらです。

踏んでみた感想

もともとのマットと比べれば、かなり踏みやすくなりました。
家で踏む分には十分ではないでしょうか。
コルクボードを裏面に敷くことで、どのパネルを踏んでいるかが足で分かるのが最大のメリット。

ただ、あくまで「元と比べれば」、の話なので、AC筐体の踏み心地・精度には遠く及びません…。

▼楽~踊、かんたんな激譜面くらいなら普通に踏みこなせます。

▼足12(AC相当)を踏むとこんな感じ。普通にミス数十個出ます。

その他補足

どの機種のDDRですか?

この記事で扱ったのは、Wii版のDDR・コントローラです。
所持ソフトは、フルフルパーティ(wii2作目)・ミュージックフィット(Wii3作目)です。

海外用ソフトが動けば、DDR IIとか欲しいんだけどね…。

PCでも使えますか?

使えました。

このDDRマットはGC(ゲームキューブ)用コントローラなので、GCコントローラーをUSBに変換するアダプターを接続します。

アダプターは、amazonで GC USB とかで検索すれば、数千円で手に入ると思います。

遊んでるとパネルはズレますか?

ずれます。
固定はしっかりしたほうが良いです。

やはり、DDRはそこそこの激しい動きをするようですね。
強力なビニールテープ&滑り止めを使ったけれども、時たまテープが剥がれたりズレたりします。

何かがあって、修復のたびに、毎回マットを裏返すのは大変ですからね…。

パズルマットとコルクの間はどう固定していますか?

暫定ですが、パズルマットとコルク(の張り付いたDDRマット)には、
100均の滑り止めを挟ませています。

▼こんなやつ

つまり、固定はせず上に置くだけの形を取っています。

どうしてコルクなの?ほかの材質ではだめなの?

軽くて頑丈そうなので、コルクを選択しました。

他の材質のもの(アクリル等)でも問題ないと思いますが、割れたり怪我したりすることもありえますのでご注意ください。

DDRコントローラが手に入りません

希少品なのか、高値で売られてたりするんだよね。特にWiiのコントローラは。

コナミに増産するようお願いしてきてもらえませんか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする