【DDR tips】 DanceDanceRevolution の難易度表記・略称まとめ

DDRには、曲ごとにいくつかの難易度の譜面が用意されています(BASIC, DIFFICULTなど)。

ユーザー間では、それぞれの譜面が正式名称で呼ばれることはあまりなく、「楽」や「踊」などのいくつかの略記法で呼ばれることがしばしば。 今回は、その難易度表記の中で、主なものを取りあげ一覧にまとめました。

▼譜面難易度と、よく使われる略記の一覧。

難易度表記 漢字 3文字 2文字 1文字 対応色
SINGLE BEGINNER SP習 SP-BEG SP-Be GSP/bSP ■ 水色/シアン
SINGLE BASIC SP楽 SP-BAS SP-Ba BSP ■ 茶/オレンジ/黄
SINGLE DIFFICULT SP踊 SP-DIF SP-Di DSP ■ 赤
SINGLE EXPERT SP SP-EXP SP-Ex ESP ■ 緑
SINGLE CHALLENGE SP SP-CHA SP-Ch CSP ■ 紫
難易度表記 漢字 3文字 2文字 1文字 対応色
DOUBLE BEGINNER (DOUBLEにBEGINNERはありません)
DOUBLE BASIC DP楽 DP-BAS SP-Ba BDP ■ 茶/オレンジ/黄
DOUBLE DIFFICULT DP DP-DIF DP-Di DDP ■ 赤
DOUBLE EXPERT DP激 DP-EXP DP-Ex EDP ■ 緑
DOUBLE CHALLENGE DP DP-CHA DP-Ch CDP ■ 紫


たとえば、PARANOiAのEXPERT譜面は、「PARANOiA激」や「PARANOiA(EXP)」などと呼ばれます(前者がより多く使われる)。


雑記

BEGINNERの表記について

・BSP(SINGLE BASIC)と区別するため、be「G」innerのGから「GSP」、もしくは小文字のbで「bSP」と呼ばれているようです。

・「DP習」は存在しないため、単に「習」と表記することもあります。

BASICの表記について

jubeat/REFLEC BeatではBASIC譜面を「BSC」と略すためか、DDRのBASICも「BSC」と稀に呼ばれます。

使用例

いろいろ表記ゆれはありますが、代表的なものを列挙。もちろん難易度が分かればいいので、使用する際の形式などは細かく気にする必要はないと思います。

冥SP激、冥[SP鬼]、SP冥激、SP激冥、PARANOiA DP踊、DP PARANOiA踊

冥SPEXP、冥SP-EXP、冥[SP-EXP]、冥[S-EXP]、MAX 300 DP-DIF、MAX 300[D-DIF]

冥ESP、ESP冥、冥(ESP)、pluto CDP、CDPpluto

冥緑譜面、POSESSION赤譜面

(その他)苺プリン、抹茶プリン、…etc

公式表記

公式ではアルファベット大文字で表記されているようです。

かつては「LIGHT」「ANOTHER」「MANIAC」などがありましたが、割愛します。というか私も詳しくありません…。

漢字略記

楽、踊など、漢字一字で略記するもの。簡単で分かりやすい。DDR Aにて、ついに公式名称として取り入れられました

DDRの旧作品である DDR MAX~EXTREME 時代に公式で使用されていて、その後のSuperNOVAにより廃止されました。しかし、その簡潔な表記から、現在も広いユーザーに使われています。

「鬼」は、かつては難易度ではなくゲームモード名として用いられていました。 その流れを汲んでか汲まずか、DDR X2・DDR X3では、「HAPPY MODE」に「楽」が、「PRO MODE」に「激」という漢字が割り当てられていました。

3文字略記

「BAS」「DIF」「EXP」のように、最初の3文字を取ったもの。

公式での使用は確認中(少なくともDDR DanceWarsで確認済)。BEMANI wikiを始め、DDR関連サイトで使われています。

最近では、「1文字略記」のほうが主流になってきています。

2文字略記

「Ba」「Di」「Ex」のように、最初の2文字を取ったもの。2文字目は小文字。

筆者yuisinが使うのは、もっぱらこの略称です。

DDR SuperNOVA2・DDR Xなどで使われていたほか、DDR関連サイトでも時折見かける略記です。曲の一覧表などで多く使われる傾向にあり、その性質上 SINGLE/DOUBLE の記載は別にされることが多いようです。

▼こんな感じで

曲名 SINGLE DOUBLE
Be Ba Di Ex Ch Ba Di Ex Ch
(何かの曲) 2 5 8 11 13 3 7 12 13

1文字略記

DDR A現在、最も主流の略称。

「B」「D」「E」のように、最初の1文字を取ったもの。「BSP」「BDP」のように、シングル/ダブルの種別と併せて表記されます。

2012年ごろ~新DDRごろ?から広がり始め、ユーザー間で広く使われるようになりました。比較的新しい呼び名のためか、意味を理解できないプレイヤーもたまに見かけます。→さすがにDDR A現在では、分からない人は少ないかな?

個人的には、IIDXのように「SPB」「DPE」と、なぜ難易度を後ろに置かないのかが最大の謎でもある。 …広まっちゃった今はもうどうしようもないけど

色表記

「茶」「赤」「緑」など、難易度の対応する色で呼ぶもの。他の音ゲーと違い、DDRで色を使った呼び方をされることは殆どありません。上記の一覧表には記載せず。

更新メモ

18.10.21 シンプル表を削除し、表を1つに統一。雑記を整理、主に漢字表記・1文字表記の部分。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする