【DDR A】 Boss Rush に股裂き配置があったのでメモメモ

18.4.26~EXTRA SAVIORで追加されたBoss Rush。
このDP譜面に、1P↑、2P↓をまたぐ、大股の股裂き配置があったのでメモを残しておきます。

このような配置は、公式では禁じ手とされていた(というか私が勝手に思っていた)のに、よく置かれたなあというのが正直な感想。

▼DP-Ba譜面。序盤の8分9連に置かれています。

▼DP-Di譜面。終盤の8分滝に同時が混ざりだすところ。

▼DP-Ex譜面は中盤に出現。なんと16分3連が絡んでいる…。

全譜面に置かれているので、配置ミスではなさそうで、意図的なものを感じます。


上記の画像は、以下の動画より引用しました。
DDRA Bosh Rush BDP & DDP – YouTube
[DDR A] USAO – Boss Rush [DP EXPERT] – YouTube

というか。
私のプレイ動画にもちゃんとあった。というか、知らず知らずのうちに踏んでた。

案外、踏んでると気づかないものですね。


片足を振り回す配置(記事下部にて補足)はそこそこ存在しますが、股裂きはめったに見られない気がします。

私が知っているのは、The Wind of Gold[DP-Ex]、アルストロメリア[DP-Ch]のラスト、六本木C[DP-Ex]くらい。
(いずれも同矢印配置、例えば1P↑2P↑を両足で踏むもの)。

I/O[DP-Ex]にも股裂きがあったような気がする。

…結構ありますね。

この配置が良し悪しということではなく、私の意見は、
EDITでたくさん存在したような、股裂き配置を絡めた譜面がもっと出てくると楽しそうということ。

EDIT復活は難しいのかもしれませんが、EDITのような公式譜面が増えるといいなあ、と考えています。

【参考】よくある配置

同矢印配置。
エアスペの↑↑移動など、低~中難度帯にたまに見られます。
高難度になるほど見られなくなりますが、これを含んだ発狂とかが出てきてもおかしくはない…?

片足振り回し。
もう片足は軸足にして、片足で「1P↑2P↑」や「1P↑2P↓」の大移動を行うもの。

こちらは、低難度から高難度まで幅広く出現します。
中でも最もインパクトが強いのは、BPM370の8分にもかかわらず、片足を「1P↓、2P↓」「2P↓、1P↑」などと大移動させるアレでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする