【jubeat analyser】 譜面起こしの方法メモ

ずっと昔に作っていたらしい解説画像があったので、ここに供養します。
記憶だけを頼りに記事を作ります…。

jubeat analyserについて

jubeat analyserとは、PC上で動作するjubeatシミュレータ。
譜面データ(と楽曲データ)を読み込んで、キーボードでプレイしたり、譜面動画を作成したりできます。

jubeat analyser本体のダウンロード等は以下から。

jubeat_analyser のページ

この記事は、公式譜面をもとにして、
譜面データを作成する方法について解説します(自己流含む)。

譜面データの仕様

テキストファイル。拡張子は.txt。

使う形式は1行形式。
16分までに対応できて、譜面作成がスピーディに行えます。
ただ、最近(prop~)の譜面は、3連符や32分以降が多くなってきて、ちょっと厄介かも?

デフォルトでは、①⑤⑨⑬が4分に相当、③⑦⑪⑮が8分相当、偶数が16分相当。

譜面データのyuisin仕様

私独自の方法もメモします。

「□」の変換が面倒なので、「 」(全角スペース)で代用。
 Emeditorなど一部のエディタは、全角スペースを可視化できるオプションがあります。

・私は丸数字の変換が面倒なので、「1~9」(全角)と「10~16」(半角)で使っています。

・3連符が登場する譜面は「あいうえおか」(6分の場合)など、ひらがなで対応。
 6分の場合「あ」は「1」と、「え」は「9」と等価。

▼私が使っていたテンプレートファイル。素材配布のページからもDLできます。
140202_analyser_template

譜面起こし 下準備編

▼譜面起こし環境。動画プレイヤーとテキストエディタを横並びにしています。

▼テンプレートに必要項目を記載。o(オフセット)とt(BPM)は頑張って調査しなければなりません。

▼適当な場所に、音源ファイルと合わせて保存。

空白の小節を大量に作っておき、その隙間を埋める方法を用います。
ゼロから作成する方法では、空白を表す「□」や「 」を入れる作業が面倒なので…。

▼空白の小節を、

▼大量に作成。この場合、7行で1小節として、550行で約80小節くらい?

実際の譜面起こし

やることは単純なので、注意すべきところをちらほらメモ。

前項でコピーした小節(全空白)から、ノートのある場所にタイミングの数字を置く。

▼8分ベースの譜面の場合、「1,3,5,7,9,11,13,15」を主に使う。

▼繰り返し配置がある場合、コピペすると楽。

▼「//」で始まるところはコメント。メモが残せる。
 「現在地は楽曲のどこどこ」をメモしておくと便利。

▼1小節のうち、同じパネルにノートが複数回出現する場合は、ブロックを2つに分ける。

譜面を作ってて違和感があるのが、アウフタクト。
小説で管理している都合上、しかたがないのですが、配置の途中で譜面がぶった切られます。

▼小説の頭が次ブロックに飛ばされるパターン。

▼横並びの16分3連。

▼最後まで譜面を起こして、余り小節があった場合、最後から下部分は削除。

逆に、小節が足りなくなったら、またコピペして空白の小節を大量に生成します(区切り線「–」をよく忘れてたなあ)

実際のanalyserでの再生

譜面作成が終わったら、jubeat analyserに読み込ませて再生確認します。

というか実際には、少し譜面を起こして少し再生確認、また少し譜面を起こして…という繰り返しです。
そのほうが、ミスがあった場合対応しやすいので。

▼analyserを起動し、作成した譜面ファイルを選択。

▼譜面ファイルを開いた状態。総ノート数・最小縦連間隔などをチェック。

▼誤りがなければ、譜面ファイルにノート数を追記します(必須ではありません)

▼ちなみに、「アウフタクト」の項で述べた16分3連は、こう表示されます。

最小縦連間隔について

同じパネルを複数回叩くとき、最低限空けなければならない間隔。
公式では、おおよそ1034[ms]、ざっと1秒程度に設定されているようです。

【つまり】
同じパネルを複数回叩くときは、最低1秒は空けなければならない

EDITの場合は結構な注意を要するものですが、
公式譜面の場合ですと、「もし1秒以下があれば、譜面起こしのミスがある」程度に捉えておけば良いかなと。

最小縦連間隔について、詳しくは、jubeat analyser作者さんの解説ページをご参照下さい。

「最小縦連間隔」について

▼この譜面の場合、1034msでした。

▼該当の箇所を探してみると、8分5連の空白で、[1]パネルを2回叩く箇所がありました。

jubeat analyser作者さんの調査でもありましたが、縦連間隔1033~1034msの譜面がやたらと多いのは何なんだろうね…。

おわり

おわり。

このあと、引き続きjubeat analyserを使って動画を作成することになります。
jubeat analyser を使った譜面動画作成[1]

この記事の制作にあたり、作成した譜面ファイル・動画も置いておきます。

140202_setuna_ADV

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする